研究

薬剤耐性機構の研究

緑膿菌のカルバペネム低度耐性機構とその耐性発現に関与する遺伝子の同定を突然変異体を用いて行っています。また、緑膿菌のβ-ラクタム剤に対する耐性に関与する遺伝子、特に染色体性ampC遺伝子の発現に関与する新規遺伝子の解析を行っています。

耐性遺伝子の伝播の研究

接合伝達性プラスミドの行う接合伝達の研究を、腸球菌の性フェロモン非依存性プラスミドpMG1と類似するプラスミドやグラム陰性菌に存在するincF型あるいはincP型のプラスミドを用いて行っています。

疫学研究

毎年収集する菌株について行う薬剤感受性試験以外に、国内産あるいは輸入された食肉からバンコマイシン耐性腸球菌(VRE)やESBL産生菌などの分離を行っています。